ブロックは中古より新品がお得!

(9割以上)オオクワの菌床ブロック産卵でも!1ブロックで30匹も生まれてしまい困ってしまうほどでした。この菌糸ブロックで、ダイオウヒラタの2本目の菌糸ビンを製作中です。時期はずれの羽化なので、それほど大きくありませんがすごく元気いっぱいです。

これっ!

2017年10月16日 ランキング上位商品↑

ブロック上級者向け 菌糸ビン(菌糸瓶)詰め替え用菌糸ブロック約3,500ccの内容量!とってもお得なプロ仕様!

詳しくはこちら b y 楽 天

時期はずれにブリードしたわりには、80ミリ以上のまあまあのサイズになりました。写真(羽化1週間後)は!E−ブロックと粉末麦芽ビール酵母!トレハロースをメインに色々な添加剤を混ぜ!水分を多めにして自作菌糸ビンを作り生まれた一番大きな個体です。1袋無駄にしてしまった。蛹化しているブッダがあと8匹いるので羽化が楽しみですが、全部メスっぽいです。あと商品とは関係ありませんが!Basicクヌギブロックも取り扱ってください。また、菌糸の再生も問題ありませんでした。そして!生まれてきた幼虫を!クワガタ天国さんでは販売していませんが!月夜野Basicブロックとこちらで購入したE−ブロックで多少添加剤をまぜて飼育し!今!メスがたくさん羽化しています。商品の状態もよく、早速、詰め替え作業を行いました。国産ヒラタの2本目菌糸ビンを作るために購入しました。説明書もついていたので問題なくできました。上級者向けとありましたが、詳しい説明書が着いていたので安心しました。割り出しは楽チンですよ。毎回これを買っています。越冬させて!来年初夏にまたペアリングして!今度は!大物をねらたいです。メスは1本で羽化しました。この時期は!注意が必要です。2年連続で、メス2匹で30匹オーバーの産卵実績があります。このE−ブロックと製造!販売元が同じ月夜野さんのHPのオンラインショップで購入した菌糸ベーシックブロックと各種添加剤を使って目標達成です。前に梅雨で雨が降っている時に、菌糸ビンを作って全部青カビが発生してだめにしてしまったことがありました。菌糸便に詰めても使用します。結果がでるのが1年後なので!根気強くやっています。羽化不全は!まだ1匹も出ていません。今年も大きいのを育てたいと思います。頑張って飼育します。最初からこっちの菌糸ブロックにしていればと後悔しています。幼虫をたくさん飼育しているので!菌糸ブロックは!コストダウンになるので助かります。初めて、菌糸ブロックで産卵を試して見るのですが、とてもいい菌糸ブロックで、成功すると思います。安くて高性能だと思っています。このオスは!このE−ブロック追加添加剤なし!600ccのビンを2本使いました。今年1月に!本土ヒラタクワガタを!ちょっと時期はずれでしたが!ペアリングしました。菌糸のまわりも良さそうです。水分は多めです。危険を覚悟でかなりの量の添加剤を入れたので!半数弱のオスは!羽化不全や奇型を起こしてしまいました。あとは、成長結果が楽しみです。大型のオスが期待できそうです。他のメーカーは、詳しく書いていません。菌糸瓶詰め替えを始めてトライしました。もう我が家では、オオクワの産卵には、産卵木は使ってません。入れすぎに注意しましょう。月夜野さんの菌糸は、添加剤を何を、どれくらい入れているか明記してあるので親切です。スマトラヒラタの幼虫が大きく育ちました。追記!添加剤を入れすぎて!青カビが大量発生してしまいました。でも最近雨続きで湿度が高く、なかなか作れません。色々な添加剤を加えて!少しでも大きく!きれいに羽化させたいと日々研究をしています。詰める面倒はありますが、それも楽しみの一つです。オオクワ飼育や菌床ブロック産卵で使っています。レビュー確認って大事です。キトサンとトレハロースを添加剤として混ぜて!卵から羽化した幼虫を!すぐに菌糸ビンに入れて約3ヵ月で27gになりました。もうすぐオオクワガタの割り出しをするので、菌糸ビンの作りだめです。写真は!おととし11月にペアリングをして!この菌糸ブロックを使ってオリジナルビンを作り!今月羽化したダイオウヒラタクワガタです。特別に他の製品と比べたというわけではありませんが!オオクワの飼育では70mmを切らない個体がほとんどです。今度は!何の添加剤を混ぜようかな。栄養を!キノコに持っていかれるので。今回は!パリーオオクワガタが産卵の真っ最中なので!生まれてきた幼虫に使うつもりです。今度はこれを親にして70ミリアップを目指します。本土ヒラタクワガタの65ミリアップを目標に色々チャレンジしてきましたが!今回67.5ミリの個体が生まれました。あと!月夜野さんの菌糸は!キノコが生えやすいので!こまめに菌糸ビンのチェックをしたほうがいいでしょう。ちょっとマイナーなブッダノコギリクワガタが無事に羽化しました。オスのオオクワは!ほとんど70mm超えです。あと!同時期にペアリングしたゼブラノコギリの幼虫は!他社の菌糸ブロックを使いましたが!相性が悪かったのか10匹全部死んでしまいました。。